木造で耐火建築

商業地域等規制の厳しい地域でも建築可能

防火地域、準防火地域、用途、規模

1.防火地域の100m2を超え、または階数が3以上の建築物(法第61条)
2.準防火地域の1,500m2超え、または地階を除く階数が4以上の建築物(法第62条)
3.建築基準法以外の法規により耐火建築物の規制がかかる老人施設や保育園等
4.高さが13m又は軒高さが9mを超える地階を除く階数が4以上の建築物(法第21条)
5.3,000㎡を超える建築物(法第21条)
6.3階建て以上の特殊建築物(法第27条)

建物が密集するような商業地域や、幹線道路沿いでは一定の範囲に防火地域や準防火地域が定められています。こうした地域では建物の用途や規模に応じて、火災に対する性能を確保するように法律で定められています。

ゲインズコーポレーションでは上記のような地域において、店舗や店舗兼用住宅等で耐火建築物の規制を受ける場合でも、木造(1時間耐火のみ)で建てることが可能です。
同じ耐火建築物でも、木造ならコストも抑えることも可能になります。

施工物件ギャラリー施工物件一覧
売り込み・訪問営業は一切行ないません!